病院

再発と転移が多い病気|大腸がんに有効な治療と予防方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気を確定させる

医者

免疫沈降は実際の医療現場でも、病気の診断に用いられています。例えば膠原病や皮膚筋炎などの自己免疫疾患が疑われる場合、どの自己抗体が自分自身を攻撃しているのかを確定させるために用いられます。また画像検査や生検なども行われます。

詳しくはこちら

あらゆる体調不良を改善

婦人

体調不良は、体を構成している細胞の異常が原因となっています。異常な細胞は免疫力によって撃退されますが、現在ではこの免疫力が低下した人が増えています。しかし正常な細胞を培養したプライマリーセルを使えば、健康を取り戻すことが可能にになります。そのためプライマリーセルは、多くの人々から注目されています。

詳しくはこちら

がんの再発・転移を防ぐ

女性

定期的な検査を

肺がんや肝臓がんに比べると、大腸がんは進行が遅く転移が少なく、治る可能性が高いと言われています。しかし血液やリンパ液に乗って他の臓器に転移したり、手術で切除しても数年後に再発したりすることが皆無ではありません。大腸がんが再発するのは、手術後5年以内の場合が約95%を占めています。ですから手術から5年間は、3か月〜半年に1回程度の検査を受けることが推奨されます。大腸がんは再発しても治りやすいとされており、定期検査で早期に発見できれば危険を減らすことができます。ある程度進行した大腸がんでも、手術後に抗がん剤を使用することで、再発のリスクを抑えることができます。がん治療には手術だけでなくアフターケアが重要な役割を果たします。

進行度と再発率

大腸がんが粘膜や筋肉の層でとどまっている場合は、再発率は4〜5%以下とされています。がんが深くまで浸透するほど再発率は高くなります。またリンパ節に達していると、他の臓器に転移する可能性もあります。大腸を包む腹膜にまで達すると、腹全体にがん細胞が散らばってしまい、手術が困難になります。このような場合には、抗がん剤や放射線による治療が中心になります。がんが進行し、苦痛を伴ったり日常生活に支障をきたしたりするときは、緩和ケアも医療機関の重要な役割になります。大腸がんによる生活の質の低下を防ぎ、がんと闘う意欲を高めるために、多くの方が治療を受けています。治療法のことで迷ったら、遠慮なく医師に相談することが大切です。

都内ならではの利点

患者

新宿には非常に多くの病院や開業医院が存在しているため、患者側が自由に向かうべき内科を選べるようになっています。腕のいい医者が新宿の内科の場合は多いですし、インターネットでの情報収集も簡単だと言えます。

詳しくはこちら